コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乱数 ランスウ

5件 の用語解説(乱数の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

乱数

ある範囲の数値から任意に取り出した数値。プログラミング言語では、種(seed)と呼ばれる値を基にして乱数を取り出す関数が用意されている。しかし種を定数にしてしまうと、関数を呼び出すごとに同じ値を乱数としてしまうため、常に変化する時刻(秒)などを種として利用する。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

らん‐すう【乱数】

全く無秩序に、しかも出現の確率が同じになるように並べられた数字の列。乱数さいなどを用いて生成する。→擬似乱数

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

らんすう【乱数 random number】

サイコロを振る場合には,(1)どの目が出る割合(確率)も1/6で,(2)どの目が出るかを正しく言い当てる手段はない。したがって,サイコロを振って出た目の数を記録して得られる数字の列は,(1)一様性,および(2)不規則性(ランダムネス)を有しているという。一般に,この二つの性質を有する数列のことを一様乱数列,あるいは一様乱数,または単に乱数という。 ふつうのサイコロは立方体(正六面体)で,各面に1から6までの目が書いてあるが,これではわれわれが日常使っている十進法の数列を作るのには不便なので,正二十面体の各面に,0から9までの数字がちょうど2回ずつ現れるようになっている“乱数サイ”も市販されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

らんすう【乱数】

出現する値に規則性のない数。出現する数の統計的な特徴により、一様乱数・正規乱数などの種類がある。通常、コンピューターでは、完全な乱数ではなく、必要な範囲内で乱数とみなせる疑似乱数を用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乱数
らんすう
random numbers

0,1,2,3,4,5,6,7,8,9という 10個の数字を,そこになんらの規則もないが,しかしおのおのの数字が現れる確率は等しく1/10であるように並べたもの。多くの乱数を収録した乱数表は,標本調査において標本の無作為抽出を行う場合に利用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乱数の関連キーワード五四四三尻尾を振る鉈を振るう目が出る賽子采の目調食み神はサイコロを振らない

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乱数の関連情報