代用(読み)ダイヨウ

デジタル大辞泉の解説

だい‐よう【代用】

[名](スル)あるものに代えて別のものを使うこと。「糊(のり)がないので飯粒を代用する」「代用品」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

だい‐よう【代用】

〘名〙
① ある事物の代わりに他の事物を使って間に合わせること。
※遠西医方名物考(1822)六「其気味性功略(ほぼ)相似たるを以て代用するなるべし」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉「支那では之を座敷に用ゐたものか疑はしいが、かうやって布団に代用して見ると頗る面白い」
※雲は天才である(1906)〈石川啄木〉二「代用のクセに何だと思ってるだらう」
③ 「だいようしょうけん(代用証券)」の略。〔現代語大辞典(1932)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報