コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

病院で死ぬということ

デジタル大辞泉プラスの解説

病院で死ぬということ

1993年公開の日本映画。監督・脚本:市川準、原作:山崎章郎、美術:間野重雄、録音:橋本泰夫。出演:岸部一徳塩野谷正幸、石井育代、橋本妙、田村寛、七尾伶子、山内明ほか。第48回毎日映画コンクール日本映画優秀賞、監督賞、美術賞、録音賞受賞。

病院で死ぬということ

医師、山崎章郎によるノンフィクション。末期ガンの患者たちの闘病と死に寄りそいつつ、終末期医療について考察した作品。市川準監督により映画化された(1993年公開)。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

病院で死ぬということの関連キーワード続 病院で死ぬということ/そして今、僕はホスピスに七尾 伶子山内 明派矢涼平

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

病院で死ぬということの関連情報