コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

療する リョウスル

デジタル大辞泉の解説

りょう・する〔レウする〕【療する】

[動サ変][文]れう・す[サ変]《「りょうずる」とも》病気を治療する。また、欠点などをなおす。
「人の罪悪を―・し」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうする【療する】

( 動サ変 ) [文] サ変 れう・す
〔「りょうずる」とも〕 病気をなおす。治療する。 「先生の病を-・するに船中にては温熱甚だしく/浮城物語 竜渓
悪いところや欠点をなおす。 「人の罪悪を-・し、善に遷らしむる故なり/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

療するの関連キーワードブリットル型糖尿病抗壊血病ビタミン救命救急センター医は仁術なり抗壊血病因子耳鼻咽喉科形成外科臓器療法兵站病院温泉療法心療内科大気療法薬物療法角膜再生慈恵医院血清療法揉み療治日光療法不妊治療光線療法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

療するの関連情報