コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西国立志編 さいこくりっしへん

5件 の用語解説(西国立志編の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西国立志編
さいこくりっしへん

イギリスの著述家 S.スマイルズの『自助論』 Self-Help (1859) を中村正直が翻訳したもの。明治4 (71) 年刊。幕末,イギリス留学生の監督として渡英した中村は,明治維新後の文明開化の風潮のなかで,封建思想打破とともに近代的人間の確立を目指して本書を翻訳刊行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいごくりっしへん【西国立志編】

英国のサミュエル=スマイルズの「Self Help(自助論)」の翻訳書。中村正直訳。11冊。明治3~4年(1870~1871)刊。西洋の歴史上の人物数百人の成功談を述べ、個人主義的道徳を説く。明治初期の青年に大きな影響を与えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さいごくりっしへん【西国立志編】

イギリスの社会思想家S.スマイルズの《Self‐Help》(1859)を中村正直が1871年(明治4)に翻訳出版した書物11冊。勤勉,忍耐,節約といった美徳を涵養して人生を切り開くことを説く。〈天は自ら助くるものを助く〉という冒頭の言葉が示すように,自助努力の効用に対する楽天観があったため,没落した士族の子弟をはじめとして青少年に多大な感銘と影響を与えた。総発行部数は100万部以上といわれ,明治期をとおして広く読まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さいごくりっしへん【西国立志編】

啓蒙書。イギリスの S =スマイルズの著「Self Help(自助論)」の訳書。中村正直訳。1871年(明治4)刊。西欧の歴史上の人物三百数十人の成功談を掲げて、その原動力となった個人主義精神を鼓吹こすい。明治初期の青年層に多大な影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西国立志編
さいごくりっしへん

中村敬宇(けいう)(正直(まさなお))によるスマイルズの『自助論』Self Help(1859)の翻訳。1870~71年(明治3~4)刊。11冊。福沢諭吉の『西洋事情』と並ぶベストセラーで、発行部数は総計100万部を下らないという。明治天皇の進講のテキストになり、小学校の修身教科書に用いられた。本書は、イギリス民衆に日常生活における自立を訴えるために、多くの人々の逸話的小伝記を集めたものであり、敬宇の漢文書き下しの名文によって、自立の主張が初めて西洋文明に触れた当時の日本人に感動を与えたといえよう。これは自由民権論にも影響を与えたが、のちには社会改革の要素が薄れ、立身出世のための勤勉、忍耐、辛苦の徳目の書とみなされ、立志物の氾濫(はんらん)を呼び起こしていく。[広田昌希]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西国立志編の言及

【スマイルズ】より

…彼の著書の基礎にある人生哲学は,金も地位もない人間でも,他人に頼らず独力で勤勉と節約によって出世できるという,まさに19世紀イギリスの典型的処世術であった。これがもっともよく示されているのが代表作《自助論Self‐Help》(1859)で,ベストセラーとなり諸外国で翻訳され,日本でも1871年(明治4)いちはやく《西国立志編》として翻訳され,多くの青年を力づけた。ほかに《人格論》(1871),《節約論》(1875)などがあるが,今日ではあまり高く評価されていない。…

【中村正直】より

…翌年静岡北郊の大岩村の屋敷に私塾同人社を営んだ。そのころよりサミュエル・スマイルズの《Self Help》を訳しはじめ,71年《西国立志編》として刊行し,72年にはジョン・スチュアート・ミルの《On Liberty》を《自由之理》として訳刊した。前者は近代国家形成期の広範な明治青年の精神的よりどころとなって愛読され,後者はとくに青年知識人の必読書となり,河野広中は本書によって自由民権思想に目が開かれたというほど,両書は強い影響を与えた。…

【ビクトリア時代】より

…1859年S.スマイルズの《自助論》が出版され,爆発的な売行きを示したが,〈自助self‐help〉こそは,彼らの生活のモットーであった。この《自助論》は71年(明治4)に中村正直によって《西国立志編》として邦訳され,明治期の青年たちを鼓舞した。繁栄期のもう一つの特色は,工業化と都市化が生活の場としての職場と消費の場としての家庭を分離させ,家庭が社会生活の重要な単位となったことであった。…

※「西国立志編」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西国立志編の関連キーワードモア思想家イギリス巻イギリス組曲ビートルズの日クロス・マイ・ハートタックスマンバック・イン・ザ・U.S.S.R.P.S.アイ・ラヴ・ユー平貞蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西国立志編の関連情報