コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村正直 なかむら まさなお

10件 の用語解説(中村正直の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

中村正直

啓蒙学者。東京生。幼名は釧太郎、のち敬輔、正直は諱、号を敬宇。昌平黌に学び、のち教授となる。渡英し、帰国後スマイルスの『セルフヘルプ』を翻訳した『西国立志編』を出版。私塾同人社を設け、「三田聖人」福沢諭吉と並び、「江戸川の聖人」といわれた。明治24年(1891)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐まさなお〔‐まさなほ〕【中村正直】

[1832~1891]幕末・明治の洋学者・教育家。江戸の生まれ。東大教授。号、敬宇。昌平坂学問所に学び、英国留学後、明六社の設立に参加し、啓蒙思想の普及につとめた。訳著「西国立志編」「自由之理」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中村正直【なかむらまさなお】

幕末〜明治初の啓蒙思想家,文学者,自由民権思想の紹介者。通称は敬輔,号は敬宇。江戸の人。儒学を佐藤一斎蘭学桂川甫周(国興)に学ぶ。1866年―1868年英国に留学。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村正直 なかむら-まさなお

1832-1891 幕末-明治時代の教育者,啓蒙(けいもう)思想家。
天保(てんぽう)3年5月26日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)でまなび,文久2年幕府儒官となる。明治4年S.スマイルズの「西国立志編」,5年J.S.ミルの「自由之理」を翻訳し,新思想を紹介した。14年東京大学教授,23年女子高等師範(現お茶の水女子大)校長。貴族院議員。明治24年6月7日死去。60歳。江戸出身。幼名は釧太郎。通称は敬輔。号は敬宇。
【格言など】読書は,徒(いたず)らに多きを貴ばざるなり(「漢学不可廃論」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中村正直

没年:明治24.6.7(1891)
生年:天保3.5.26(1832.6.24)
啓蒙思想家,教育者。二条城交番同心中村武兵衛の長男。江戸麻布(港区麻布狸穴付近)に生まれる。諱 は正直,号は敬宇。16歳で昌平黌に入り,教授方を経て文久2(1862)年佐藤一斎の後を継いで御儒者となった。昌平黌寮で彼の机の前の畳が目立ってくぼんでいたほど,日夜勉学に励んだという。慶応2(1866)年江戸幕府留学生の取締役として英国に留学し,キリスト教が英国の政治,社会,経済の根幹をなしているとみた。帰国後S.スマイルズの『西国立志編』(1871),J.S.ミルの『自由之理』(1872)を訳出し,明治初期の啓蒙に大きく貢献した。当時禁止されていたキリスト教の宣教の自由を主張し,明治6(1873)年キリスト教の黙許を政府から引き出すのに貢献し,7年には自らもカナダメソジスト派宣教師G.カックランの手で洗礼を受け,キリスト教の宣教に積極的に参加した。8年東京女子師範学校長となり,さらに東京の小石川に私塾同人社を開校し社内でキリスト教の礼拝を行い,また女子教育課程を加えた。また盲人教育にも力を尽くした。14年東大教授。17年頃からユニテリアン派キリスト教へ傾き,晩年には仏教者との交際を深めて仏教と儒教を融合する心境に達した。文学博士,貴族院勅選議員。<著作>『請質所聞』,『敬宇日乗』全8巻,『敬宇文集』『敬宇詩集』<参考文献>高橋昌郎『中村敬宇』,萩原隆『中村敬宇研究』,小泉仰『中村敬宇とキリスト教』

(小泉仰)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

中村正直

1832〜1891(天保3年〜明治24年)【教育家】「天はみずから助くるものを助く」明治のベストセラー西国立志編を著わす。 幕末〜明治期の教育家。幕臣の子として江戸に生まれる。昌平黌(しょうへいこう)に学んで後教授、ついで幕府の儒官。幕府遣英留学生の監督として渡英。維新後「西国立志編」「自由之理(ことわり)」を訳出して刊行、特に「西国立志論」は、立身出世を目指す若者に大きな影響を与えた。1872年(明治5)大蔵省に出仕。翌年同人社を開塾し、また女子教育・盲唖教育にも尽力。明六社創立員・東京大学教授・元老院議官を歴任。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらまさなお【中村正直】

1832‐91(天保3‐明治24)
明治前半期の啓蒙思想家・教育家,文学者。号は敬宇。江戸麻布に生まれ,昌平坂学問所に学び,その教授となり,1855年(安政2)ころより英学を学びはじめた。62年(文久2)異例の若さで儒官となり,66年(慶応2)幕府の英国留学生取締役を命ぜられイギリスに留学。68年(明治1)幕府瓦解により帰国し,静岡学問所の教授となった。翌年静岡北郊の大岩村の屋敷に私塾同人社を営んだ。そのころよりサミュエル・スマイルズの《Self Help》を訳しはじめ,71年《西国立志編》として刊行し,72年にはジョンスチュアート・ミルの《On Liberty》を《自由之理》として訳刊した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかむらまさなお【中村正直】

1832~1891) 教育家・啓蒙思想家。江戸の人。号は敬宇。昌平坂学問所に学び、のちイギリスに留学。私塾同人社を営み、また明六社の結成に参加。多くの訳書のうちスマイルズの「西国立志編」、ミルの「自由之理」は民権思想形成に大きな影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村正直
なかむらまさなお

[生]天保3(1832).5.26. 江戸
[没]1891.6.7. 東京
洋学者,明治初期の啓蒙思想家。通称敬輔,号は敬宇。昌平坂学問所で漢学を修め,かたわら桂川国興から蘭書を学んだ。安政2 (1855) 年学問所教授方出役,文久2 (1862) 年幕府儒者に列した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村正直
なかむらまさなお
(1832―1891)

儒者、啓蒙(けいもう)思想家。江戸麻布丹波谷(あざぶたんばだに)(現、東京都港区六本木)に御家人(ごけにん)の子として生まれる。幼名は釧太郎(せんたろう)、長じて敬輔(けいすけ)と称し、敬宇(けいう)と号す。昌平黌(しょうへいこう)に学び朱子学を修めた。1866年(慶応2)イギリスに留学。ロンドンで、儒教道徳が完璧(かんぺき)に実現されているのをみて、その根底にあるキリスト教への関心を深めた。1868年(明治1)帰国し、静岡に移った。ここで、スマイルズの『セルフ・ヘルプ』の翻訳『西国立志編(さいごくりっしへん)』を出版して青年たちに多くの感化を与えた。1872年東京に移り、大蔵省翻訳局に出仕した。翌1873年、明六社(めいろくしゃ)の創立に参画し、また同人社を設立し教育にあたった。1874年キリスト教の洗礼を受けるが、明治10年代に入ると、儒教の復活を主唱するようになった。晩年に至るまで、女子教育や障害者教育に尽力した。東京大学教授、元老院議官、女子高等師範学校校長、貴族院議員などを歴任した。[渡辺和靖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中村正直の言及

【教育勅語】より

…首相山県有朋は〈軍人勅諭〉(1882)の発布によって軍隊の思想統制に成功した経験から,教育にも同様の勅諭がほしいとの考えをもっており,文部省にその草案作成を命じた。はじめ文部省は帝国大学教授中村正直に草案執筆を委嘱したが,完成した草案の哲学論的・宗教論的色彩を法制局長官井上毅に批判され,この草案はしりぞけられ,この井上が山県の要望にこたえて草案を起草した。中村案,井上案とは別に案を起草していた元田永孚も,井上案ができるやこれに意見を述べ,結局井上案が基礎となり,細部にまで検討が加えられ練り上げられ,第1回帝国議会開会直前に発布にこぎつけたのである。…

【西国立志編】より

…イギリスの社会思想家S.スマイルズの《Self‐Help》(1859)を中村正直が1871年(明治4)に翻訳出版した書物11冊。勤勉,忍耐,節約といった美徳を涵養して人生を切り開くことを説く。…

【自由之理】より

…明治初年の啓蒙的翻訳書。原書はイギリス功利主義の思想家J.S.ミルの《On Liberty》(1859)で,中村正直が1871年(明治4)に翻訳し,翌年刊行された。中村の人格・学識と相まって,明治前半の青年知識人の必読書となった。…

※「中村正直」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村正直の関連キーワード二条城代百科全書派ベッカリーア教育者啓蒙専制君主思想家自由思想家百学連環京都府京都市中京区二条城町安藤隆穂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中村正直の関連情報