コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発散レンズ ハッサンレンズ

デジタル大辞泉の解説

はっさん‐レンズ【発散レンズ】

凹レンズのこと。平行光線を受けて屈折させ、発散させる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の発散レンズの言及

【レンズ】より

…凸レンズはf′>0で正のレンズとか収束レンズと呼ばれ,レンズの光軸に平行に入射した光線は後側焦点を通る。一方,凹レンズはf′<0で負のレンズとか発散レンズと呼ばれ,レンズ通過後の光線と逆向きに延長させると焦点を通る。 レンズから有限の位置にある物点の像は,上の事実を用いて作図によって求めることができる。…

※「発散レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

発散レンズの関連キーワード発散(物理)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android