コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白榴粗面岩 はくりゅうそめんがん leucite-trachyte

1件 の用語解説(白榴粗面岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

白榴粗面岩

粗面岩の組成にリューサイトが加わった火山岩[Rath : 1868].イタリアの地方ではペトリスコ(petrisco)の名で知られた岩石で,サニディンオージャイト,雲母,リューサイト,ネフェリンから構成されている.ローゼンブッシュは白榴響岩(leucite-phonolite)とした岩石で,ワシントンはリューサイト・ヴィテルボ岩(viterbite)とヴェトララ岩(vetrallite)の中間とした[Rosenbusch : 1896, Washington : 1906].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白榴粗面岩の関連キーワード粗面岩質デーサイトニリゴンゴ岩リューサイトチングア岩リューサイト斑岩エピリューサイト斑岩カムパナイトタヴォラト岩パルシェット岩リューサイト-ベーサイトエピリューサイト岩

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone