コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白榴粗面岩 はくりゅうそめんがんleucite-trachyte

岩石学辞典の解説

白榴粗面岩

粗面岩の組成にリューサイトが加わった火山岩[Rath : 1868].イタリアの地方ではペトリスコ(petrisco)の名で知られた岩石で,サニディン,オージャイト,雲母,リューサイト,ネフェリンから構成されている.ローゼンブッシュは白榴響岩(leucite-phonolite)とした岩石で,ワシントンはリューサイト・ヴィテルボ岩(viterbite)とヴェトララ岩(vetrallite)の中間とした[Rosenbusch : 1896, Washington : 1906].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android