コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白画 ハクガ

2件 の用語解説(白画の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はく‐が〔‐グワ〕【白画】

墨の描線のみで描いた絵画。中国で古くから行われ、元代以降は白描画という。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の白画の言及

【白描画】より

…筆の線だけで制作された絵画であり,白画ともいう。広義には下がき,素描などの未完成品や粉本なども含まれるが,本格的な白描画は色彩をともなわず,あくまで筆線のみで完成された作品をさす。…

【仏教図像】より

…このような場合の図像は概して彩色のない墨線のみで,しかも簡単な略画が多く白描図像ともいわれる。平安時代前期の入唐八家の請来目録などで〈様〉〈図様〉〈白緤〉〈白描〉〈白画〉などと記されたものがそれに当たる。平安時代末期に永厳の《図像抄》(《十巻抄》)の撰集をはじめとする図像集編纂の盛行によって〈図像〉の呼び名が定着した。…

※「白画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白画の関連情報