コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白色トラップ はくしょくトラップwhite trap

岩石学辞典の解説

白色トラップ

一般に塩基性の組成を持つ貫入性火成岩で,石炭や炭質物などと接触して漂白され炭酸塩化された岩石である[Flett : 1910].英国スコットランドのミドランド谷(Midland valley)の炭田ではこのような岩石が見られる.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android