盲の垣のぞき(読み)めくらのかきのぞき

精選版 日本国語大辞典の解説

めくら【盲】 の 垣(かき)のぞき

① 何の役にも立たないこと、やってもむだなことをたとえていった。
俳諧毛吹草(1638)二「目(メ)くらの垣(カキ)のぞき」
② むだではあるが、やってみれば気がすむことをいった。
※俳諧・犬子集(1633)二「花あれば誰もめくらか垣のそき〈親重〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android