直円柱(読み)チョクエンチュウ

大辞林 第三版の解説

ちょくえんちゅう【直円柱】

円柱をその軸に垂直な二平面で切ったとき、この二平面とその間の円柱部分で囲まれた立体。長方形の一辺を軸として一回転させたときできる立体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の直円柱の言及

【円柱】より

…はじめの円と移動の最後に現れる円を底面,両底面間の距離を高さ,最初の円の周上にある点の移動によってできる線分を母線,母線の全体によって作られる曲面を側面という(図)。母線が底面と直交しているような円柱を直円柱といい,そうでない円柱を斜円柱という。直円柱のことを単に円柱ということがある。…

※「直円柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android