コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直円柱 チョクエンチュウ

デジタル大辞泉の解説

ちょく‐えんちゅう〔‐ヱンチユウ〕【直円柱】

母線が底面に垂直な円柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょくえんちゅう【直円柱】

円柱をその軸に垂直な二平面で切ったとき、この二平面とその間の円柱部分で囲まれた立体。長方形の一辺を軸として一回転させたときできる立体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の直円柱の言及

【円柱】より

…はじめの円と移動の最後に現れる円を底面,両底面間の距離を高さ,最初の円の周上にある点の移動によってできる線分を母線,母線の全体によって作られる曲面を側面という(図)。母線が底面と直交しているような円柱を直円柱といい,そうでない円柱を斜円柱という。直円柱のことを単に円柱ということがある。…

※「直円柱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

直円柱の関連キーワード測地線展開図包絡面回転体母線螺線

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android