コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直系親 チョッケイシン

世界大百科事典内の直系親の言及

【血縁】より

…日本の慣行を東アジア諸国の慣行と比べるとき,契約上の血縁に与えた重要性に特色が見いだされよう。 血縁には上世代(先祖)あるいは,下世代(子孫)にたどって把握される直系親と,上世代にたどったのち自分のほうでない他の下世代へ降りることによって把握される傍系親とがある。個人には父方の先祖と母方の先祖が認知されるが,氏姓,権利,地位,財産などの承継について,どちらかがより重要であることが多い。…

※「直系親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

直系親の関連キーワード直系・傍系高山たつ肥君猪手親族名称直系卑属直系尊属交換婚告訴親等

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android