直系(読み)ちょっけい

精選版 日本国語大辞典「直系」の解説

ちょっ‐けい チョク‥【直系】

〘名〙
① 祖父・親・子・血筋父祖から子孫へと一直線につながる系統
※貧乏物語(1916)〈河上肇〉五「併し之が果して今日の人間の直系の祖先に当るものか否かについては議論があるが」
師弟などの関係で、直接に系統を受け継ぐこと。また、その人。
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉卯の花の垣「桂園の直系、香川景恒の門下で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「直系」の解説

ちょっ‐けい〔チヨク‐〕【直系】

血筋が父祖から子孫へ一直線につながる系統。⇔傍系
師弟などの関係で、直接に続いている系統。また、その系統にあたる人。「直系弟子」⇔傍系

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android