コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眉庇/目庇 マビサシ

1件 の用語解説(眉庇/目庇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ま‐びさし【×庇/目×庇】

兜(かぶと)の、前方に庇のように出て、ひたいをおおう部分。
学生帽・鳥打ち帽などの庇。
窓の上の小さい庇。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の眉庇/目庇の言及

【鎧】より

…鉢は5枚ないし10枚以上の台形板金を矧ぎ合わせた急勾配の円形で,頂辺にまるく孔をあけ,縁に葵葉(あおいば)形の座と玉縁(たまべり)をつけ八幡座(はちまんざ)とする。鉢の左右後には四方に響孔(ひびきあな)をあけ,古くは忍緒(しめお)を通し,真向腰巻の下端に花先形染韋包(はなさきがたそめかわづつみ)の眉庇(まびさし)を打ちつけ,鉢の前後ないし左右にも金・銀鍍金の板金を伏せ,鎬垂(しのだれ)を打って荘厳とし,これを二方白(にほうじろ),四方白と称している。(しころ)は小札板5段を威(おど)し下げ,4段を吹返しとして,絵韋(えかわ)をもって包み,さらに眉庇に鍬形(くわがた)台を鋲留めし,鍍金の鍬形をさし,真っ向に獅子,竜を飾ったものもある。…

※「眉庇/目庇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

眉庇/目庇の関連キーワード阿古陀形兜の星兜鉢四天の座四方白脇立

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone