コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥打(ち)帽子 トリウチボウシ

デジタル大辞泉の解説

とりうち‐ぼうし【鳥打(ち)帽子】

《狩猟などに用いたところから》前びさしのついた丸く平たい帽子。ハンチング。鳥打ち帽。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥打(ち)帽子の言及

【ハンチング】より

…正しくはハンティング・キャップhunting cap。単にキャップともいう。フランスではカスケットcasquetteと呼ばれる。19世紀半ば,イギリスの上流社会の人たちが狩猟の際にかぶったのが初めとされている。日本には明治以後とり入れられ,鳥打帽と呼ばれて和服姿にも親しまれた。クラウン(頭頂部)が平らで前びさしがつき,6枚,8枚または1枚天井の布または皮で作られている。旅行,スポーツ,ゴルフ,散歩などに幅広く用いられている。…

※「鳥打(ち)帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥打(ち)帽子の関連キーワード藤井常世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android