鳥打帽子(読み)とりうちぼうし

精選版 日本国語大辞典「鳥打帽子」の解説

とりうち‐ぼうし【鳥打帽子】

〘名〙 (鳥猟などに用いたところから) ひさしをつけた平たくまるい軽便な帽子。とりうちぼう。とりうち。ハンチング
風俗画報‐一六五号(1898)人事門「鳥打帽子懐中手の男」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鳥打帽子」の解説

とりうち‐ぼうし【鳥打(ち)帽子】

《狩猟などに用いたところから》前びさしのついた丸く平たい帽子。ハンチング。鳥打ち帽。
[類語]被り物帽子山高帽子シルクハット中折れハンチングかんかん帽ベレーボンネットシャッポキャップハットソフト帽かんかん帽麦藁帽子パナマ帽制帽学帽角帽チロリアンハットテンガロンハットトルコ帽正ちゃん帽鳥打ち帽

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥打帽子の言及

【ハンチング】より

…正しくはハンティング・キャップhunting cap。単にキャップともいう。フランスではカスケットcasquetteと呼ばれる。19世紀半ば,イギリスの上流社会の人たちが狩猟の際にかぶったのが初めとされている。日本には明治以後とり入れられ,鳥打帽と呼ばれて和服姿にも親しまれた。クラウン(頭頂部)が平らで前びさしがつき,6枚,8枚または1枚天井の布または皮で作られている。旅行,スポーツ,ゴルフ,散歩などに幅広く用いられている。…

※「鳥打帽子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android