コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真木の嬬手 マキノツマデ

デジタル大辞泉の解説

まき‐の‐つまで【真木の×嬬手】

杉・ヒノキなど、良質の建材となる角材。
「泉の川に持ち越せる―を百(もも)足らず筏(いかだ)に作り」〈・五〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例