角材(読み)かくざい

精選版 日本国語大辞典「角材」の解説

かく‐ざい【角材】

〘名〙 切り口の四木材
随筆・守貞漫稿(1837‐53)二「問屋格子は竪子大略二寸四五分角材を以てし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「角材」の解説

【角材】かくざい

才能をきそい試みる。〔漢書、賈誼伝〕陛下に與(お)ける、親(みづか)ら材を角して之れを臣とするに非ざるなり。身(みづか)ら之れを王するに非ざるなり。

字通「角」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android