コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢羽根/矢羽 ヤバネ

デジタル大辞泉の解説

や‐ばね【矢羽根/矢羽】

矢に矧(は)ぐ鳥の羽根。ワシ・タカ・キジなどの翼の羽と尾羽が用いられ、矢の飛行方向を保つためにつける。護田鳥尾(うすべお)・中黒・切り斑(ふ)など、斑文の名でよばれる。
1の形を表した模様。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

矢羽根/矢羽の関連キーワードエクマン=メルツ流速計高護田鳥尾・鷹護田鳥尾ミュラー=リヤーの図形初心運転者標識矢絣・矢飛白佐々木一郎切斑・切生風向風速計三葉空木カラテア切斑の矢矢羽根文安摩の面二条大麦矢羽根麦護田鳥尾矢形尾風見鶏小中黒大中黒

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android