コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢羽根/矢羽(読み)ヤバネ

デジタル大辞泉の解説

や‐ばね【矢羽根/矢羽】

矢に矧(は)ぐ鳥の羽根。ワシ・タカ・キジなどの翼の羽と尾羽が用いられ、矢の飛行方向を保つためにつける。護田鳥尾(うすべお)・中黒・切り斑(ふ)など、斑文の名でよばれる。
1の形を表した模様。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例