コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾羽 オハ

大辞林 第三版の解説

おは【尾羽】

鳥の尾とはね。
[句項目] 尾羽打ち枯らす

おばね【尾羽】

鳥類の尾の羽。扇状に生え、飛ぶ時の舵の役目をし、止まっている時には体のバランスをとる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の尾羽の言及

【クジラ(鯨)】より

…もっとも美味とされる〈尾の身(おのみ)〉は尾に近い部分の背肉で,霜降り状に脂があって軟らかく,刺身として珍重される。尾びれの部分は尾羽(おば),尾羽毛(おばけ∥おばいけ)などと呼ぶ。黒い皮に白い脂肪層をつけたまま売られたので皮鯨(かわくじら)ともいった。…

【羽毛】より

…羽小枝は小さな鉤(かぎ)によって互いに組み合わされていて,このため羽枝と羽小枝はばらばらにならずに1枚の羽弁を形成している。体表面をおおう羽毛の大部分と風切羽(かざきりばね)および尾羽はみな正羽で,その機能は主として皮膚の保護と飛行である。綿羽downはふわふわした綿のような羽毛で,はっきりした羽軸をもたず,また羽小枝に鉤がない点で正羽と異なる。…

【尾】より

…ただしカエル類は変態によって尾が吸収され,代りに後足が水中での推進器官になる。鳥類では尾の本体は小さく退化しているが,飛行性の鳥ではそれにはえた大きな尾羽(おばね)が空中でのかじ取り装置になっている。地上性・水中性の鳥では尾羽の発達はわるい。…

※「尾羽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

尾羽の関連キーワードホトトギス(杜鵑/不如帰)ロードアイランドレッド種夏は秘密がいっぱい!ひむかの矢・久宗の矢ヤマムスメ(山娘)ブンチョウ(文鳥)オーチュウ(烏秋)ダチョウ(駝鳥)セイラン(青鸞)ハッカン(白鷴)コトドリ(琴鳥)ワライカワセミ尾羽うち枯らす尾羽打ち枯らすアブラヨタカ小国・正告ドラミング切斑・切生ミカドキジヒヨクドリ

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

尾羽の関連情報