コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知らず/不知 シラズ

2件 の用語解説(知らず/不知の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しら‐ず【知らず/知】

[連語]
(「…はしらず」の形で)問題にしないでおく、さておいてなどの意を表す。「明日は―、ともかく今日のことを考えよう」
(他の語の下に付いて)気にしないさま、それがないと思えるさまを表す。「怖いもの―」「天井―」
(文頭に用いて)以下のことはどうだかわからないがという意を表す。
「―、生まれ死ぬる人いづかたより来たりていづかたへか去る」〈方丈記

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらず【知らず】

( 名 )
名詞の下に付いて、複合語(名詞または形容動詞語幹)をつくる。…を経験することがない、…に対して無感覚である、などの意を表す。「寒さ―」「こわいもの―」「恥―」など。
( 連語 )
〔動詞「しる」の未然形に打ち消しの助動詞「ず」の付いたもの〕
(「…は知らず」の形で)問題にしないでおく、別として、などの意を表す。 「余人は-、われはわが道を行くのみ」
(文頭に用いて)以下のことはわからないがという軽い疑問の意を表すのに用いる。 「 -、われ餓鬼道に尋来るか/平家 3

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone