コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知らず/不知 シラズ

デジタル大辞泉の解説

しら‐ず【知らず/知】

[連語]
(「…はしらず」の形で)問題にしないでおく、さておいてなどの意を表す。「明日は―、ともかく今日のことを考えよう」
(他の語の下に付いて)気にしないさま、それがないと思えるさまを表す。「怖いもの―」「天井―」
(文頭に用いて)以下のことはどうだかわからないがという意を表す。
「―、生まれ死ぬる人いづかたより来たりていづかたへか去る」〈方丈記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しらず【知らず】

( 名 )
名詞の下に付いて、複合語(名詞または形容動詞語幹)をつくる。…を経験することがない、…に対して無感覚である、などの意を表す。「寒さ―」「こわいもの―」「恥―」など。
( 連語 )
〔動詞「しる」の未然形に打ち消しの助動詞「ず」の付いたもの〕
(「…は知らず」の形で)問題にしないでおく、別として、などの意を表す。 「余人は-、われはわが道を行くのみ」
(文頭に用いて)以下のことはわからないがという軽い疑問の意を表すのに用いる。 「 -、われ餓鬼道に尋来るか/平家 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知らず/不知の関連キーワード門前の小僧習わぬ経を読む魚の釜中に遊ぶが若し魚の釜中に遊ぶが如し井蛙大海を知らず論理情動療法野人暦日なし東西を弁ぜず口を引き垂る思わず知らず針刺すばかり乱り脚の気大殿籠もりいざ知らず口幅ったい純真無垢虎になる夜郎自大のこのこ回り根性内証向き

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android