コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知林ケ島

2件 の用語解説(知林ケ島の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

知林ケ島

指宿市の田良岬沖の北東約800メートル錦江湾にある無人島。3~10月、大潮や中潮の干潮時に出現する砂州で薩摩半島陸続きになる。面積は約60ヘクタール、周囲約3キロ、最大標高約90メートル。霧島屋久国立公園第2種特別地域に指定されており、2001年に環境省の「かおり風景100選」に選ばれた。砂州の出現時間は日によって大きく変わる。

(2010-03-22 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

知林ケ島

鹿児島県指宿市西方、鹿児島湾内最大の無人島。季節によっては干潮時に砂州があらわれ、薩摩半島側から徒歩で渡ることもできる。知林ケ島灯台がある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知林ケ島の関連キーワード指宿市メートル原器メートル尺立方メートルデカメートルデシメートル仏沼ヤイロ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

知林ケ島の関連情報