徒歩(読み)かちありき

精選版 日本国語大辞典「徒歩」の解説

かち‐ありき【徒歩】

〙 乗り物に乗らないで、足で歩くこと。歩で外出すること。徒歩であちこち行くこと。かちあゆみ。かちあるき。とほ。
※能因本枕(10C終)四〇「この草子などいできはじめつ方は、かちありきする人はなかりき」

と‐ほ【徒歩】

〘名〙 乗物に乗らないで歩くこと。かち。かちあるき。〔塵芥(1510‐50頃)〕
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉秋「一里余りの田舎道を徒歩(トホ)せざる可らず」 〔戦国策‐斉策〕

かち‐あゆみ【徒歩】

草根集(1473頃)七「神路山行末遠きかちあゆみ千歳のやはこびおきけん」

かち‐あるき【徒歩】

色葉字類抄(1177‐81)「徒跣 カチアルキ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「徒歩」の解説

【徒歩】とほ

歩行。また、匹夫。〔淮南子、氾論訓〕は匹夫徒の人なり。~乘のを經營し、せしむ。然れども自ら車裂の患(くわん)をれず。

字通「徒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android