コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石の間 イシノマ

大辞林 第三版の解説

いしのま【石の間】

神社建築の相の間で、石敷きのもの。本殿と拝殿をつなぐ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石の間の関連キーワードダイナミック・マイクロフォン [dynamic microphone]<録音用語/PA用語>京都府京都市上京区馬喰町タカネヒカゲ(高嶺日陰)レークランド・テリアグロメロフィテイック十六六指・十六武蔵ムギツク(麦突)栃木県日光市山内パームシベット宮座[馬淵]ハクセキレイ川狩り・川狩久里双水古墳久能山東照宮サンバガエルアンヒューマコメススキイソギンポ葉山尻遺跡大崎八幡宮

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石の間の関連情報