コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石抱き イシダキ

デジタル大辞泉の解説

いし‐だき【石抱き】

江戸時代の拷問(ごうもん)の一。三角状の木を並べた台に容疑者を座らせ、そのひざに平たい石を積み重ねて自白を強要したもの。そろばん責め。いしだかせ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしだき【石抱き】

江戸時代の拷問の一。三角の材を並べた、算盤そろばんと称する台の上に人を正座させ、ひざの上に重い石板をのせ、白状しないとだんだん石の数を多くして、責めつける方法。笞むち打ちで白状しない者に対して行なった。算木責め。算盤責め。いしだかせ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石抱きの関連キーワード牢問(ろうもん)江戸時代算盤責め痛め吟味算木責め牢問

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android