石清水八幡宮文書(読み)いわしみずはちまんぐうもんじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石清水八幡宮文書
いわしみずはちまんぐうもんじょ

石清水八幡宮旧別当家であった田中・善法寺(ぜんぽうじ)(のち菊大路(きくおおじ))両家および旧神官諸家に伝わる文書の総称。古代以降の同宮領、同宮内の支配組織、同宮と公武権力との関係などを知ることができる。なお同宮関係史料は、『石清水八幡宮史』『石清水八幡宮史料叢書(そうしょ)』『正・続群書類従(ぐんしょるいじゅう)』『大日本古文書 家わけ4』1~6(東京大学出版会)に所収。[伊藤清郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android