コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本古文書 だいにほんこもんじょ

6件 の用語解説(大日本古文書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本古文書
だいにほんこもんじょ

古文書の叢書。東京大学史料編纂所で 1901年から編纂,刊行中。詔勅綸旨 (りんじ) ,院宣,官符から御教書 (みぎょうしょ) ,下文 (くだしぶみ) ,感状軍忠状,個人の消息,貸借の証文まで,あらゆる種類の古文書を,ある場合は年代順に整理し,ある場合は所蔵者ごとにその整理に従って収めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいにほんこもんじょ【大日本古文書】

史料集。東京大学史料編纂所編。明治34年(1901)以降刊行中。編年文書・家(いえ)わけ文書・幕末外国関係文書の三系統に区分される。編年文書は朱鳥元年(686)から宝亀11年(780)のものを、幕末外国関係文書は嘉永6年(1853)以降の文書を、年代順に配列。家わけ文書は武家や寺社などの所蔵者ごとに編纂している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大日本古文書【だいにほんこもんじょ】

東京大学史料編纂(へんさん)所が編纂出版している日本の古文書集。1901年刊行開始,既刊170冊以上。維新政府が修史局に命じ正史編集のために全国から収集した史料が移管され,史料中心の編纂に切り換えられたもの。
→関連項目醍醐寺文書大徳寺文書東寺文書

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいにほんこもんじょ【大日本古文書】

東京大学史料編纂所が毎年編纂出版している日本の古文書集。公私の古文書を年代順もしくは所蔵者別に編成し1901年から出版開始。既刊分は170冊を超える。明治維新政府は,史料編纂所の前身である修史局(のち修史館)に命じ,六国史以降を扱った正史の編修をしようとして,全国から史料を収集した。この事業はのちに東京帝国大学(現,東京大学)に移管されたが,やがて正史の編修は中止され,史料の出版に切り換えられた。〈編年文書〉(正倉院文書を中心にした,奈良時代およびそれ以前の文書。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいにほんこもんじょ【大日本古文書】

東京大学史料編纂所編の史料集。正倉院文書を中心とした奈良時代の文書、諸家諸寺社の家分け文書、幕末外国関係文書の三種を編集・収録する。1901年(明治34)以降刊行中。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本古文書
だいにほんこもんじょ

東京大学史料編纂所(へんさんじょ)の編集している古文書集。既刊175冊(1986年12月現在)。史料編纂所は前身の内閣修史局以来、六国史(りっこくし)に続く正史の編纂を目的とし、その材料となる古文書・古記録の調査・蒐集(しゅうしゅう)を行っていたが、1901年(明治34)2月の『大日本史料』刊行開始に続き、同年7月から、古代・中世の古文書の翻刻である『大日本古文書』の出版を開始した。『大日本古文書』は、正倉院文書を中心に、685年(天武天皇14)から780年(宝亀11)までの奈良時代の文書を編年順に配列した「編年文書」、高野山(こうやさん)、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)、島津(しまづ)家など諸家・諸寺社の所蔵文書を収めた「家わけ文書」、1853年(嘉永6)以降の外交文書を収めた「幕末外国関係文書」の3種からなり、黒板勝美(くろいたかつみ)、相田二郎(にろう)らの研究者が編纂に携わり、「編年文書」以外は現在も継続刊行中である。[千々和到]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日本古文書の関連キーワード維新史料編纂会史料編纂所大日本古記録大日本史料田中義成小野晃嗣高柳光寿桃裕行竜粛史料編纂掛

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone