コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石爆ぜ イシハゼ

デジタル大辞泉の解説

いし‐はぜ【石爆ぜ】

製陶の際、素地(きじ)中の小石などが焼けはぜて、表面に出たもの。茶器花器では景色として珍重される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いしはぜ【石爆ぜ】

製陶の際、素地きじ中の砂や石などが爆ぜて表面に現れ出ること。景色として珍重される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石爆ぜの関連キーワード製陶

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android