景色(読み)けしき

精選版 日本国語大辞典「景色」の解説

け‐しき【景色】

〘名〙 (「気色(けしき)」から)
① 山水、風物などの趣、有様。また、物事の有様。光
※枕(10C終)二三「うらうらとのどかなる日のけしきなどいみじうをかしきに」
※源氏(1001‐14頃)帚木「すくよかならぬ山のけしき、木深く世ばなれてたたみなし」
② 茶道具で、鑑賞上興味を引くもの。釉(うわぐすり)の色、なだれ、窯変(ようへん)、斑紋など、主として陶器についていう。景(けい)
[語誌]→「けしき(気色)」の語誌

けい‐しょく【景色】

〘名〙 山や川などのおもむき。風景。けしき。〔書言字考節用集(1717)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「月の影、八わた山にさし出たるに、船中おのおのいさみたち、〈〉此けいしょくをながめいたるが」 〔宋之問‐夜飲東亭詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「景色」の解説

け‐しき【景色】

《「気色けしき」と同語源》
観賞の対象としての自然界の眺め。風景。「景色がよい」「雪景色
陶磁器、特に茶陶の見所の一。なだ窯変斑文はんもんなど、不測の変化の部分をいう。→金継ぎ
[類語](1風景風光風色ふうしょくけい景観景色けいしょく景趣眺望眺め見晴らしパノラマ(すぐれた景色)美観壮観大観美景佳景勝景絶景奇観奇勝絶勝形勝景勝山紫水明風物近景遠景(いろいろな景色)山色さんしょく水色すいしょく白砂青松はくしゃせいしょう風光明媚野色やしょく野景柳暗花明りゅうあんかめい春景煙景秋景雪景夕景せっけい・ゆうけい暮景晩景夜景

けい‐しょく【景色】

風景。けしき。
「自分の国の―やら、習慣やら」〈漱石・永日小品〉
[類語]景色風景風光風色ふうしょくけい景観景趣眺望眺め見晴らしパノラマ風物近景遠景美観壮観大観

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android