景色(読み)けしき

精選版 日本国語大辞典「景色」の解説

け‐しき【景色】

〘名〙 (「気色(けしき)」から)
① 山水、風物などの趣、有様。また、物事の有様。光景。
※枕(10C終)二三「うらうらとのどかなる日のけしきなどいみじうをかしきに」
※源氏(1001‐14頃)帚木「すくよかならぬ山のけしき、木深く世ばなれてたたみなし」
② 茶道具で、鑑賞上興味を引くもの。釉(うわぐすり)の色、なだれ、窯変(ようへん)、斑紋など、主として陶器についていう。景(けい)
[語誌]→「けしき(気色)」の語誌

けい‐しょく【景色】

〘名〙 山や川などのおもむき。風景。けしき。〔書言字考節用集(1717)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)六「月の影、八わた山にさし出たるに、船中おのおのいさみたち、〈略〉此けいしょくをながめいたるが」 〔宋之問‐夜飲東亭詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「景色」の解説

けい‐しょく【景色】

風景。けしき。
「自分の国の―やら、習慣やら」〈漱石・永日小品〉

け‐しき【景色】

《「気色(けしき)」と同語源》
観賞の対象としての自然界の眺め。風景。「景色がよい」「雪景色
陶磁器、特に茶陶の見所の一。頽(なだ)れ窯変斑文(はんもん)など、不測の変化の部分をいう。→金継ぎ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android