砂栽培(読み)すなさいばい

世界大百科事典内の砂栽培の言及

【砂耕】より

…土壌の代りに砂に根を張らせ,生育に必要な無機養分を水に溶かした形で与えて植物を栽培する方法で,砂栽培ともいい,水耕の一方式である。砂漠や海岸の砂丘地などでは,砂耕によって野菜などの栽培が行われることがある。…

※「砂栽培」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android