コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫黄快削鋼 いおうかいさくこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫黄快削鋼
いおうかいさくこう

快削鋼の代表品種。鋼の中に硫黄 (0.08~0.35%) とマンガンを添加し,被削性を向上させたもの。 1920年アメリカで実用化された。硫黄を含有すると鋼はもろくなるが,切削加工が容易となり,作業能率は向上する。高速自動旋盤などを使用する際に硫黄快削鋼を用いると効果は大きいとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の硫黄快削鋼の言及

【快削鋼】より

…このような切削状況をつくり出す鋼の性質を快削性といい,この性質を高めるために成分調整をして快削鋼がつくられている。快削性を上昇させるために添加される合金元素にはマンガンMn+硫黄S,鉛Pbなどがあり,それぞれの合金は硫黄快削鋼,鉛快削鋼と呼ばれている。ほかにセレンSeやテルルTeなどの元素も使用されることがある。…

※「硫黄快削鋼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android