コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確率の加法定理 カクリツノカホウテイリ

デジタル大辞泉の解説

かくりつ‐の‐かほうていり〔‐カハフテイリ〕【確率の加法定理】

事象Aまたは事象Bが起こる確率PAB)は、Aが起こる確率PA)とBが起こる確率PB)の和から、ABがともに起こる確率PAB)を引いたもので、PAB)=PA)+PB)-PAB)という式で表される。AB排反事象の場合は、Aが起こる確率とBが起こる確率の和で求められ、PAB)=PA)+PB)という式で表される。確率の和の法則。→確率の乗法定理

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

確率の加法定理の関連キーワード確率の和の法則和の法則乗法定理加法定理事象

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android