コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確率の加法定理 カクリツノカホウテイリ

1件 の用語解説(確率の加法定理の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくりつ‐の‐かほうていり〔‐カハフテイリ〕【確率の加法定理】

事象Aまたは事象Bが起こる確率PAB)は、Aが起こる確率PA)とBが起こる確率PB)の和から、ABがともに起こる確率PAB)を引いたもので、PAB)=PA)+PB)-PAB)という式で表される。AB排反事象の場合は、Aが起こる確率とBが起こる確率の和で求められ、PAB)=PA)+PB)という式で表される。確率の和の法則。→確率の乗法定理

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

確率の加法定理の関連キーワード独立事象従属事象排反事象確率の乗法定理命題論理ベイズ均衡平行六面体の法則ベイズの公式(統計学)ポアッソン分布法則条件付確率