コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗法定理 ジョウホウテイリ

世界大百科事典 第2版の解説

じょうほうていり【乗法定理 multiplication rule】

確率論の基本的な定理。X1,……,Xnを確率空間(Ω,F,P)上で定義された確率変数とする。が,任意のボレル集合A1,……,Anに対して成り立つとき,X1,……,Xnは独立な確率変数系といわれる。この条件はが任意のaibi(i=1,……,n)に対して成り立つことと同値である。確率の乗法性により,次の平均値に対する乗法定理が成り立つ。 定理 X1,……,Xnを独立確率変数系とする。平均値EXi|(i=1,……,n)が有限のときの平均値も有限で,となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乗法定理
じょうほうていり

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

乗法定理の関連キーワード確率の積の法則確率の加法定理アダマール確率変数積の法則乗法公式平均値乗法

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android