コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禄山 ろくざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

禄山 ろくざん

?-? 江戸時代中期の陶工。
京都の人。享保(きょうほう)(1716-36)のころ尾形乾山(けんざん)にまなぶ。作品には師乾山の名を署したものがおおいが,別に陶隠禄山などとも署名した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

禄山の関連キーワード此れ等・是等「春望」杜甫小野田守安史の乱高力士楊貴妃儲光羲節度使燕子箋韋応物長生殿安禄山長恨歌高仙芝史思明顔杲卿安慶緒楊国忠哥舒翰井陘口

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

禄山の関連情報