秋の野芥子(読み)アキノノゲシ

デジタル大辞泉の解説

あき‐の‐のげし【秋の野×芥子】

キク科の越年草山野に生え、高さ1.5~2メートル。葉は細長い楕円形で深い切れ込みがあり、秋、黄色の花を多数つける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あきののげし【秋の野芥子】

キク科の越年草。山野に自生。高さ2メートルに達し、葉は羽状に深く切れこむ。秋、淡黄色の径2センチメートルほどの頭花を円錐状につける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android