秘すれば花(読み)ひすればはな

故事成語を知る辞典の解説

秘すれば花

隠すということの中にこそ、感動がある、ということ。

[由来] 一四~一五紀、室町時代役者作者の「風姿花伝」に出て来ることばから。「秘すればなり、秘せずば花なるべからず(秘密にすれば花となり、秘密にしないと花にはならない)」のしばらくあとに、観客に思いも寄らぬ感動を与えることこそが「花」である、と述べています。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる