稚産霊神(読み)わくむすひのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稚産霊神 わくむすひのかみ

記・にみえる神。
火の神軻遇突智神(かぐつちのかみ)と土の神埴山姫(はにやまひめ)の間に生まれた子。頭にが,(へそ)の中に五穀が生じたという。「古事記」では伊邪那岐命(いざなぎのみこと)の子で和久産巣日神としるされている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android