コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲田氏 いなだうじ

世界大百科事典 第2版の解説

いなだうじ【稲田氏】

近世の武家。徳島藩筆頭家老で淡路洲本城代。初代稲田稙元は1585年(天正13)蜂須賀家政の阿波入部に随伴し,城に入り,2代示稙(しげたね)のとき1631年(寛永8)洲本城代を兼ね1万4000石余を給された。3代稙次から代々〈九郎兵衛〉を襲名した。16代稙誠(たねのぶ)は淡路海防に尽力し,私校益習館から勤皇志士を輩出させ,子邦稙は討幕派として活躍した。1870年(明治3)の庚午事変後北海道に移住した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の稲田氏の言及

【淡路国】より

…31年(寛永8)藩主忠英は藩政機構の整備をはかり,筆頭家老の稲田示稙(しげたね)を洲本城代として淡路に配置。以降淡路の仕置には廃藩置県にいたるまで稲田氏が当たった。1782年(天明2)役人と富商が結託した不正,専売制の悪用が三原郡北東部を中心とした12ヵ村による一揆(縄騒動)を引き起こした。…

【徳島藩】より

…69年(明治2)14代藩主茂韶が版籍を奉還し藩知事となった。このとき家老稲田氏の家臣が淡路の分離独立を求めたため,徳島から家臣が襲撃する事件(庚午事変)が起こり,淡路が徳島県から分離され,兵庫県に帰属する遠因をつくった。後に稲田氏の家臣の多くは北海道に移住した。…

※「稲田氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

稲田氏の関連キーワード兵庫県洲本市洲本(市)美馬(市)徳島(県)高津例太郎工藤剛太郎洲本[市]新居水竹篠崎小竹脇[町]淡路国洲本市洲本藩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲田氏の関連情報