コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穀物備蓄分担制度 こくもつびちくぶんたんせいど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穀物備蓄分担制度
こくもつびちくぶんたんせいど

各国がそれぞれ一定量の穀物備蓄を分担して世界の食糧需給が逼迫したときその備蓄分を放出し,逆に緩和したときには備蓄の積増しをするなど,世界の穀物需給を安定させようとする構想をいう。国連食糧農業機関やアメリカが推進役であるが,備蓄の目標数量や穀物の価格安定帯,各国の国内事情などが複雑にからみ合い,足並みはなかなかそろわない。日本では独自に備蓄制度を設けるという構想もあるが,その負担をめぐる問題で難航している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android