備蓄(読み)びちく(英語表記)stockpile

翻訳|stockpile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緊急時における供給途絶や供給不足にそなえてエネルギー,食糧原材料などをたくわえておくこと。しかし緊急時にそなえての国家による本来の戦略備 strategic stockpileと通常の民間部門ランニング・ストックを含めての大幅な価格変動や供給不足にそなえての経済的備蓄 economic stockpileや緩衝在庫とを区別する必要もあろう。特に石油国際エネルギー計画に基づく 90日分の備蓄義務があり,日本はこれを 1979年度末までに達成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)将来や万一の場合にそなえてたくわえておくこと。また、そのたくわえ。「食糧を備蓄する」「石油を備蓄する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1970年代に入って世界は1973年と79年の2度の石油危機を経験した。この過程で,IEA(国際エネルギー機関)が1974年に設立され,その重要な政策の一つとして〈石油の90日備蓄〉が提唱された。これは,前年輸入量の90日に相当する石油をIEA各参加国が平時において備蓄するというもので,石油の供給途絶のような緊急時における重要な対応策の一つとみなされている。IEAで規定された緊急時とは,IEA参加国全体で基準消費量(過去1年間の平均消費量)の7%以上の石油供給削減があった場合と規定されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 展覧などにそなえ、品物を集めておくこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「日本の物品を、此館に備蓄せるは、皆精美の品にて」
② 万一のためにそなえて財物などをたくわえること。また、そのたくわえ。備荒貯蓄。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉六「彼等の為には即ち是が彼の凶荒備蓄(ビチク)的の物ならむかと想像せしめたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android