構想(読み)こうそう

精選版 日本国語大辞典 「構想」の意味・読み・例文・類語

こう‐そう ‥サウ【構想】

〘名〙
① 考えを組み立て、まとめること。特に、芸術作品を作るとき、主題構成・表現形式などについて、組み立てまとめること。また、その考え。構思。
坑夫(1908)〈夏目漱石〉「凡て運命が脚色した自然の事実は、人間の構想(コウサウ)で作り上げた小説よりも無法則である」
② 想定すること。想像

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「構想」の意味・読み・例文・類語

こう‐そう〔‐サウ〕【構想】

[名](スル)これからしようとする物事について、その内容規模・実現方法などを考えて、骨組みをまとめること。また、その考え。「小説の構想を練る」「壮大な構想」「新都市建設構想する」
[類語]計画プラン青写真筋書手の内プロジェクト考えもくろみくわだはかりごと一計企図企画立案設計予定もくろむたくらむ策するかくする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android