構想(読み)こうそう

精選版 日本国語大辞典「構想」の解説

こう‐そう ‥サウ【構想】

〘名〙
① 考えを組み立て、まとめること。特に、芸術作品を作るとき、主題構成・表現形式などについて、組み立てまとめること。また、その考え。構思
坑夫(1908)〈夏目漱石〉「凡て運命が脚色した自然の事実は、人間の構(コウサウ)で作り上げた小説よりも無法則である」
② 想定すること。想像

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「構想」の解説

こう‐そう〔‐サウ〕【構想】

[名](スル)これからしようとする物事について、その内容・規模・実現方法などを考えて、骨組みをまとめること。また、その考え。「小説の構想を練る」「壮大な構想」「新都市の建設を構想する」
[類語]計画プラン青写真筋書手の内プロジェクト考えもくろみくわだはかりごと一計企図企画立案設計予定もくろむたくらむ策するかくする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android