コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積分形の法則 せきぶんけいのほうそく law of integral form

1件 の用語解説(積分形の法則の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積分形の法則
せきぶんけいのほうそく
law of integral form

積分式の形で与えられた物理法則。ある領域全体が及ぼす物理的効果として法則が表現される。たとえば電磁気の理論においてガウスの法則アンペールの法則にはいずれも積分形と微分形があるが,積分形で表現すると,応用に便利な場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積分形の法則の関連キーワード運動の第二法則主軸変換積分定数アンペールの積分法則ウィグナー分布拡散の法則コーツの規則ニュートンの八分の三法則パーセヴァルの定理体積分

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone