コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち端/起ち端 タチハ

デジタル大辞泉の解説

たち‐は【立ち端/起ち端】

立つべき機会。また、立ち去るしおどき。
「殊のほかの大酒にて、―を忘れて候」〈伽・猿源氏〉
立つべき場所。
「下駄が重なり合って足の―がねえだ」〈滑・浮世風呂・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

立ち端/起ち端の関連キーワード大酒

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android