機会(読み)きかい

精選版 日本国語大辞典「機会」の解説

き‐かい ‥クヮイ【機会】

〘名〙 事を行なうのに、ちょうどよい時機。都合のよい場合、折。チャンス。
※中華若木詩抄(1520頃)中「時にあわざれば、いかな才覚の者も用にたたぬぞ。そこを機会と云ぞ」
※赤西蠣太(1917)〈志賀直哉〉「機会を逃さずこれを渡さなければならぬ」 〔蜀志‐楊洪伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「機会」の解説

き‐かい〔‐クワイ〕【機会】

事をするのに最も都合のよい時機。ちょうどよい折。チャンス。「抜け出す機会をうかがう」「絶好の機会を逃す」
[補説]書名別項。→機会

きかい【機会】[書名]

原題、〈イタリアLe occasioni》イタリアのエルメティズモの代表的詩人モンターレの第2詩集。1939年刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android