コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大酒 オオザケ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ざけ〔おほ‐〕【大酒】

多量の。たいしゅ。「大酒をくらう」

たい‐しゅ【大酒】

[名](スル)《「だいしゅ」とも》酒をたくさん飲むこと。また、その人。おおざけ。おおざけのみ。「限度をわきまえず大酒する」「大酒家」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおざけ【大酒】

多量の酒。また、多量の酒を飲むこと。たいしゅ。 「 -を飲む」

たいしゅ【大酒】

( 名 ) スル
たくさん酒をのむこと。鯨飲げいいん。 「あんた、豪えらい-ですな/歌行灯 鏡花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大酒の関連キーワードアバカ・ハン(阿八哈汗)岩井 松之助(4代目)ゴロブリョフ家の人々蜃気楼 龍玉(初代)大食上戸餅食らい斗酒なお辞せずカオリャンチウ良純入道親王酒が酒を飲む飲む打つ買う飲んだくれる強酒・豪酒飲んだくれ食らい酔う義経腰越状弟媛(1)天津神力竹田治蔵宝井其角安藤野雁

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大酒の関連情報