大酒(読み)おおざけ

精選版 日本国語大辞典「大酒」の解説

おお‐ざけ おほ‥【大酒】

〘名〙
① 多量の酒。
※虎明本狂言・因幡堂(室町末‐近世初)「去程に某がおんなどもが、大ざけをたべて、酔狂をいたし」
② (━する) 多量に酒を飲むこと。おおざけのみ。たいしゅ。
※申楽談儀(1430)附載「好色、博奕(ばくえき)、大ざけ、鶯(うぐいす)飼うこと、これは清次の定(ぢゃう)也」

たい‐しゅ【大酒】

〘名〙 酒をたくさん飲むこと。また、その人。おおざけ。
※ささめごと(1463‐64頃)下「歌道七賊 大酒 睡眠 雑談 徳人 無数寄 早口 証得」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「八蔵も大酒して宵(よい)より関に泊りしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大酒」の解説

おお‐ざけ〔おほ‐〕【大酒】

多量の。たいしゅ。「大酒をくらう」

たい‐しゅ【大酒】

[名](スル)《「だいしゅ」とも》酒をたくさん飲むこと。また、その人。おおざけ。おおざけのみ。「限度をわきまえず大酒する」「大酒家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android