大酒(読み)オオザケ

デジタル大辞泉の解説

おお‐ざけ〔おほ‐〕【大酒】

多量の。たいしゅ。「大酒をくらう」

たい‐しゅ【大酒】

[名](スル)《「だいしゅ」とも》酒をたくさん飲むこと。また、その人。おおざけ。おおざけのみ。「限度をわきまえず大酒する」「大酒家」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおざけ【大酒】

多量の酒。また、多量の酒を飲むこと。たいしゅ。 「 -を飲む」

たいしゅ【大酒】

( 名 ) スル
たくさん酒をのむこと。鯨飲げいいん。 「あんた、豪えらい-ですな/歌行灯 鏡花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ざけ おほ‥【大酒】

〘名〙
① 多量の酒。
※虎明本狂言・因幡堂(室町末‐近世初)「去程に某がおんなどもが、大ざけをたべて、酔狂をいたし」
② (━する) 多量に酒を飲むこと。おおざけのみ。たいしゅ。
申楽談儀(1430)附載「好色、博奕(ばくえき)、大ざけ、鶯(うぐいす)飼うこと、これは清次の定(ぢゃう)也」

たい‐しゅ【大酒】

〘名〙 酒をたくさん飲むこと。また、その人。おおざけ。
※ささめごと(1463‐64頃)下「歌道七賊 大酒 睡眠 雑談 徳人 無数寄 早口 証得」
※浄瑠璃・丹波与作待夜の小室節(1707頃)中「八蔵も大酒して宵(よい)より関に泊りしが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大酒の関連情報