コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下駄 げた

6件 の用語解説(下駄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下駄
げた

足を載せる台 (多くは木製) に3つの穴をあけ緒 (前緒と横緒) をつけたはきものの総称。古代から日本にあったはきもので,種類が多いが,台に歯のあるものとないものに大別され,有歯のものはさらに,台と歯が一続きになっているもの (連歯) と台に歯を差込んだもの (差歯) に分類できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げ‐た【下駄】

木をくりぬき、歯を作りつけにし、台部に三つの穴をあけて鼻緒をすげた履物。歯はふつう2本で、別の材を差し込むものもある。
活字印刷の校正刷りで、必要な活字がないときに活字を裏返して入れる伏せ字。下駄の歯のような形「〓」をしている。伏せ字。
[下接語]東(あずま)下駄駒(こま)下駄差し下駄薩摩(さつま)下駄高下駄田下駄堂島(どうじま)下駄庭下駄塗り下駄のめり下駄引き摺(ず)り下駄日和(ひより)下駄雪下駄露地下駄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

下駄【げた】

木製の台に鼻緒をすげた履物(はきもの)の総称。早くから存在したことは登呂遺跡の田下駄をはじめ多くの遺品によって知られる。古くは足駄,木履(ぼくり)などと呼ばれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

げた【下駄】

歯のある台木に鼻緒や端棒(はなぼう)をつけたはきもの(イラスト)。弥生時代後期の登呂遺跡から下駄状の木製品が出土しているが,芦刈りや稲の穂摘みにはいた田下駄であろう。古墳時代になると大陸から下駄が伝えられ,地方豪族の墓などから前穴の内側へ寄った二枚歯の下駄が出土しており,当時は権威の象徴として用いられた。奈良時代になると平城京では子ども用の下駄もあったことが出土品で知られる。中世の絵巻物や近世の絵画をみると,排便や水汲み,洗濯のとき,衣服の裾を汚さないために下駄をはいている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げた【下駄】

木製のはきもの。下面に歯をくりぬいた台に三つの穴をあけて鼻緒をすげ、足指をかけてはく。歯は多くは二枚で、差し込む方式のものもある。
〔活字の足が、下駄の歯の跡に似ることから〕 印刷で、ふせ字。 〔校正刷りなどで、所要の活字がないときに活字をさかさにして代わりに入れる「〓」の形〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下駄
げた

履き物の一種。木製の台(甲(こう)ともいう)部に鼻緒をすげた履き物。その特色は台に歯がついていることで、歯が台といっしょのもの(連歯(れんし))と、別の材を差し込んだもの(差歯(さし))とがある。またなかには、砂地で履く浜下駄、あるいは氷上で履くすべり下駄など特殊なものもある。連歯下駄には庭下駄、駒(こま)下駄、日光下駄、薩摩(さつま)下駄、馬下駄などがあり、差歯下駄には後歯(あとば)下駄、高(たか)下駄(足駄ともいう)、日和(ひより)下駄、朴歯(ほおば)下駄などがある。
 材料は、農村が自給自足を強いられていた封建時代には、杉材で多くつくられたが、のち軽くてしかもじょうぶで割れない桐(きり)、山桐などが多く用いられ、差歯の歯は、樫(かし)、朴(ほお)などが用いられた。産地では、福島県会津地方が、上質の桐材を出すところから名高く、新潟、山形県がこれに次いでいる。[遠藤 武]

歴史

下駄は、弥生(やよい)時代のものとしては田下駄がある。田下駄は泥田地帯で用いる大きなもので、わが国では全国的に農村で農具の一種として使用されたが、その初期のものが、静岡市の登呂(とろ)遺跡から出土している。また古墳時代に入ると、石製模造品である石下駄が、畿内(きない)や関東の古墳から出土している。奈良時代の遺物としては、平城宮跡から連歯下駄が出土している。平安時代に入ると、遺物ばかりでなく、『枕草子(まくらのそうし)』や『うつほ物語』に「くれのあしだ」の語がみえる。「くれ」は木の古語であり、「あしだ」は足下(あした)、つまり足駄のことである。また『今昔物語』『宇治拾遺物語』をはじめ、『源平盛衰記』にも記されているが、また当時の風俗を下絵とした『扇面古写経』(大阪・四天王寺蔵)をはじめ、『伴大納言絵詞(ばんだいなごんえことば)』『信貴山(しぎさん)縁起』、六道絵巻のなかにも描かれている。図はいずれも足駄であり、歯は銀杏(いちょう)歯である。なかには塗り下駄さえみられる。
 鎌倉・室町時代となると、下駄に関する文献、絵画、遺物もしだいに多くなり、とくに注意すべきは『七十一番職人歌合(しちじゅういちばんしょくにんうたあわせ)』のなかに、足駄つくりの姿がみられ、台に焼火箸(やけひばし)で鼻緒の穴(これを眼(め)という)をあけている。当時は草履(ぞうり)売りと同様に、足駄売りのあったことを示すものである。
 しかし、下駄が広く一般化していくのは、江戸時代に入ってからで、木こりがつくって売り出した山下駄、形は明らかではないが柳を材とした柳下駄、あるいは馬下駄がつくられた。馬下駄は、長方形の杉材を台とし、その下裏中央を菱(ひし)形にくりぬいたもので、下駄の跡が馬蹄(ばてい)形となるところから馬の爪(つめ)ともいわれ、駒下駄の初期的な言い方である。
 駒下駄は、元禄(げんろく)(1688~1704)以前から用いられ、男は湿地用にこれを履き、女は下裏を刳(くり)形にして形は楕円(だえん)であった。また歯の柄(ほぞ)を台にくりぬいて出した露卯(ろぼう)の下駄は、雨天用として用いられ、西鶴(さいかく)の浮世草子のなかにみられる。桐下駄が用いられるのは元禄からで、次の宝永(ほうえい)年間(1704~11)になると、江戸の魚河岸(うおがし)近く(小田原町)に住んでいた下駄師が島桐でつくったところから、小田原下駄の名で、流行した。また江戸塗り下駄の始まりで、柾目(まさめ)の桐を台とし、樫の歯を丸歯とした外法(げほう)下駄が、役者の履き物として人気があった。
 徳川8代将軍吉宗(よしむね)の時世となると、三枚歯の下駄が現れて遊女の履き物となったが、最初は歯はあまり高いものではなかった。また後(あと)歯という、前はくりぬき、後ろを差歯としたものが考案され、助六下駄といわれる長方形の角形(かくがた)物が、男伊達(だて)の狂言に用いられ、一部の人たちに愛用された。朱塗りのぽっくり駒下駄が、若い女性たちの間に人気があった。そればかりではなく、台に竹や籐(とう)の畳付きのぜいたくなものがつけられ、下駄の材も桐の柾目、板目に細心の心配りがされ、塗りにも朱塗り、黒塗り、これに鋲(びょう)打ちなど、手の込んだものがつくられ、下駄の黄金時代に入っていった。江戸では下駄の歯の高いものを足駄といい、歯の低いものを日和下駄といって、天気のよい日でも歯を鳴らして、男女ともに用いた。江戸でのこの区別は、京都や大坂にはなく、みな下駄または差歯下駄とよび、形は男女ともに丸形であった。
 寛政(かんせい)年代(1789~1801)に入ると、差歯下駄にかわって、実用的な堂島(どうじま)と中折(なかおれ)下駄の2種が現れた。堂島は日和下駄の一種で、台は桐のくりぬき歯で、表をつけた上から鋲打ちにしたもので、職人たちがおもに履いた。一方、中折は、折下駄とも「ひきずり」ともいわれ、江戸に伝わり、堂島下駄とよばれた。歯のない桐の台を中央から二つ切りとし、台の面に革を鋲打ちにしてつないだもので、後方部に樫入れをして台の減るのを防いだ。中折は中流以上の人が履くもので、湿地を歩くにも適した。
 江戸文化が爛熟(らんじゅく)した化政(かせい)年代(1804~30)に入ると、羽根虫という桐、栗(くり)を使った男物が現れ、また引付(ひきつけ)下駄といわれる丸形表付きのものができた。また3世中村歌右衛門(うたえもん)(梅玉)から出た羽根虫形の芝翫(しかん)下駄に対抗して、江戸女形の5世岩井半四郎より半四郎下駄が登場し、覇を競った。半四郎下駄は、ぽっくりに似た、高い刳(くり)下駄の一種である。吉原(よしわら)の遊女たちは、半四郎下駄の高いのを用い、これを吉原太夫(たゆう)下駄とよんだ。幕末になると、江戸でいなせ下駄が出た。表付きの幅の狭い「のめり形」のもので、その形がすらっとしているところからの名前であろう。
 明治維新となり、欧米文化がもたらされ、服装界にも新風が導入され、洋風化がしだいに普及し、履き物界にもやや変動が起こり始めた。しかしまだ、服装界は和服中心の時代であったから、下駄の世界は、前からの延長で、男物では堂島、後(あと)丸、両刳(ぐり)、新橋形、日光下駄、芝翫下駄、薩摩下駄、日和下駄、足駄が使用されていた。女物では小町形、堂島、万年形、両刳、後丸、吾妻(あづま)下駄、櫛(くし)形、日和下駄、後歯、足駄などが使用されていた。[遠藤 武]

現代の下駄

正式な堅苦しさを感じさせない庶民的なものである。浴衣(ゆかた)に、また紬(つむぎ)や絣(かすり)の装いに趣味のものとして調和し、ドレッシーな着物には調和しない。女物の下駄には、桐や杉の白木、塗り、張りなど、素材や仕上げによる区別と、駒下駄、日和下駄、足駄、舟底型ののめり下駄、ぽっくりなど、形の種類による区別がある。柾目の通った白木の桐の下駄を最高とし、桐下駄や張り柾の下駄、塗り下駄は、昔から外出用として用いられてきた。塗り下駄や彫りの下駄などは、汚れが目だたず足元が引き締まってみえる。ぽっくりは、女児の七五三の祝いのときや、京の舞妓(まいこ)などが用いる。
 男物の下駄には、桐柾、張り柾、畳表を張ったものなどがあり、これに黒、焦げ茶などのビロードの鼻緒をつける。下駄の台は、幅広のものと細身のものとがある。近年は、着物が普段着から外出着、盛装用へと変わり、和服の履き物といえば草履(ぞうり)が一般的になりつつある。また、道路舗装の完備、下駄は出向いた先で履きかえなければならないことなどもあり、最近では下駄を用いる人が少なくなってきている。しかし、庭履きに、縁日のそぞろ歩きや夕涼みに、下駄は日本の暮らしに欠くことができないものである。[藤本やす]
『今西卯蔵著『はきもの変遷史』(1950・同書刊行会) ▽宮本勢助著『民間服飾誌履物編』(1933・雄山閣) ▽平出鏗二郎著『東京風俗志 中巻』(1959・冨山房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の下駄の言及

【履物】より

…形によって大きく閉塞性履物と開放性履物とに分けられる。閉塞性履物は被甲性履物とも呼ばれサボ,モカシンのように足を包みこむ形のもの,開放性履物はサンダルスリッパー下駄足半(あしなか),草鞋(わらじ),草履(ぞうり)などのように甲をおおわないもので,鼻緒をもつものも含まれる。かつては前者は寒国性,後者は暖国性履物と呼ばれていたこともあるが,交通機関,冷暖房の発達,用途によってはき分ける習慣とも相まって,現在はこの呼称は使われていない。…

※「下駄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

下駄の関連キーワード木崎樹木木・樹・柝木原五薬めきめき木・沐・目・默・黙木田木本植物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

下駄の関連情報