立代・立替(読み)たちかわる

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐かわ・る ‥かはる【立代・立替】

〘自ラ四〙 (「たち」は接頭語)
① 移りかわる。流転(るてん)する。
※万葉(8C後)六・一〇四八「立易(たちかはり)古き都となりぬれば道のしば草長く生ひにけり」
② 入れかわって出てくる。交替する。
※落窪(10C後)一「この日比あこぎに住むと聞き思ひつるは、はやうさうじみにたちかはりにけり」
③ 年が改まる。
山家集(12C後)上「たちかはる春を知れとも見せがほに年をへだつる霞成けり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android