万葉(読み)まんよう

精選版 日本国語大辞典「万葉」の解説

まん‐よう ‥エフ【万葉】

(連声で「まんにょう」とも)
[1] 〘名〙
① あらゆる草木。多くの葉。
文華秀麗集(818)下・神泉苑九日落葉篇〈巨勢識人〉「高颸一猟欲吹尽、灑落寒声万葉吟」 〔淮南子‐繆称訓〕
② (「葉」は世・時代の) よろずよ。万世。万代
※日本後紀‐延暦一六年(797)二月己巳「彰善癉悪、伝万葉而作鑒」 〔晉書‐武帝紀〕
※雑俳・松の雨(1750か)「万葉はあて字のやうに思はるる」

まんにょう マンエフ【万葉】

〘名〙 (「まんよう」の連声) ⇒まんよう(万葉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「万葉」の解説

万葉(まんば)

香川県で生産される葉物野菜。高菜の一種根葉暗紫色を帯び、しわがある。やらわかな葉や食用にする。「万葉」は県東部での呼称で、西部では「百華」という。江戸時代にはすでに栽培されていた。

万葉

日本のフェリー。2011年4月就航。長崎県長崎港佐世保港から五島列島の主要島を結ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「万葉」の解説

まん‐よう〔‐エフ〕【万葉】

連声れんじょうで「まんにょう」とも》
多くの木の葉。あらゆる草木の葉。
万世。よろずよ。
「成敗一統に帰し、大化―に伝はること」〈太平記・一四〉

まん‐にょう〔‐エフ〕【万葉】

まんよう」の連声れんじょう

まんよう【万葉】[書名]

連声れんじょうで「まんにょう」とも》「万葉集」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「万葉」の解説

【万葉】まんよう(えふ)

万世。また、多くの木々の葉。宋・欧陽脩〔玉楼台〕 夜深くして風竹、秋を敲(う)つ 千聲 皆是れ恨み

字通「万」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android