落窪(読み)おちくぼ

精選版 日本国語大辞典「落窪」の解説

おち‐くぼ【落窪】

〘名〙
① 家の中で、普通の床(ゆか)よりも一段低い。落ちくぼんだ所。おちま。
※落窪(10C後)一「寝殿放出(はなちいで)の、又一(ひと)間なる所の、おちくぼなる所の」
地面などのへこんだ所。くぼみ。
※玉塵抄(1563)一四「下湿は地形のひくいをちくぼな所あるぞ」

おち‐くぼ・む【落窪】

〘自マ五(四)〙 そのまわりより低くなっている。陥没する。へこむ。
評判記・役者評判蚰蜒(1674)浅田彦太郎「まんまるなる目のおちくほむは、いかなるやまひぞや」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android