コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

接頭語 セットウゴ

デジタル大辞泉の解説

せっとう‐ご【接頭語】

語構成要素の一。単独では用いられず、常に他の語の上について、その語とともに一語を形成するもの。語調を整えたり、意味を添加したりする。「お話」「こ犬」「御親切」などの「お」「こ」「御」の類。接頭辞。⇔接尾語

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せっとうご【接頭語】

単語の構成要素の一つ。それ自身は単独に用いられず,つねに他の単語の前に結合してこれをいろいろに限定する。接頭語をつけると,もとの単語は独立性を失い,連声(れんじよう)が行われることもあり,アクセントが変わることが多い。結合してできた語形,派生語は,まったく1個の単語として働き,その品詞性はもとの単語に従う。接頭語には,カ細(ぼそ)い,ヒ弱い(カタカナで示される部分が接頭語。以下同様)などのように今日では限られた結合しかない,したがって意味の明確に取り出しにくいものから,マッさお,スッぱだか,コざっぱりなど比較的結合の自由なものまであり,さらにミ仏,オ車,ゴ成功などの敬語の1類はよほど自由な結合をして,ふつうに連濁を起こさない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せっとうご【接頭語】

接辞の一類。常に他の語の前に付いて用いられる語構成要素。「お寺」「ま昼」「か細い」などの「お」「ま」「か」の類。接頭辞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

接頭語
せっとうご

接辞のうち、語基の前に添加されるもの。通常「接頭語」とよばれるが、これは独立の語ではないので、厳密には「接頭辞」とよぶほうがよい。このように定義しても、「うち明ける」「さし出す」の下線部のように、接頭語と認めるべきか否か、判然としない場合がおこりうる。日本語では、種類、量ともあまり多くはなく、接頭語の造語力は乏しいということができる。日本語、英語を通して、接頭語は一般に意味を添えるだけで、文法上の性質を変えることは少ないが、英語の enlarge, encourage, discourageの下線部は、品詞を変えている例である。日本語では、和語系の接頭語は、奈良時代や平安時代には造語力が高かったが、現代では、「お―」「おお―」などを除けば、生産力が強いとはいえない。それに比べて、漢語系のものは種類が多い。国立国語研究所の調査では、接頭語的に用いられた一字漢語は250種類もあるという。とくに、否定を表す「無―」「不―」「非―」「未―」などは、造語力が高い点で注目される。最近では、「アンチ―」「ウルトラ―」「スーパー―」「ノー―」「ノン―」などの外来系の接頭語も無視することはできない。英語では、ゲルマン系(たとえば、 awake, forget)、ラテン系( ultra-violet, prologue)、ギリシア系( autobiography, syntax)を含めて、学者により若干の異なりがあるが、約70種類の接頭語があるとされている。このうち、今日でも高い造語力を備えているものは約25種類である。[杉浦茂夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

接頭語の関連キーワードいけ図図しいSI接頭語しみ真実だだ漏れでも医者とっ外れマイクロセンチアナミリアヨクトエンドヘクトい隠るいろね白小雲おまけさ小峰エクサゼプト

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

接頭語の関連情報